あしの毛を処理

あしの毛を処理するときには、自己処理でもサロンやクリニックでの施術でも、肌への負担は少なからずあります。
そのため、アフターケアが必要になってくるのです。
どのようなアフターケアと注意をすれば良いのか確認しておきましょう。

レーザーや光を使ってあしの毛を処理した場合、熱により細胞を破壊するため冷やすことが大切です。
また、術後は炎症を起こす可能性も高いので、ばい菌などが入らないように清潔に保つようにするといいのです。
当日は入浴時に石鹸を使用して洗うのを避け、スポーツや海水浴、プールなどは2〜3日控えるようにしましょう。

自宅でカミソリやシェイバー、毛抜きなどを使ってあしの毛を処理した場合も、毛穴からばい菌が入らないように清潔に保つようにしましょう。
また、乾燥してカサカサになると、表皮が剥がれてしまうので保湿を十分に行うために、美容液や化粧水などを塗っておくといいですね。
自宅での処理は、お風呂場で行うより、湯上りに清潔な状態で行うのがお勧めです。